神子元ハンマーズとは

神子元ハンマーズとは

神子元でのダイビングといえばハンマーヘッドシャーク。
ハンマーヘッドシャークといえば神子元ハンマーズ。

ガイド陣は皆ハンマーヘッドシャークにこだわる経験豊富なインストラクター。
ダイバー専用の宿泊施設もあり、伊豆急下田駅からの無料送迎も行っております。

伊豆・神子元島でのダイビングなら、神子元ハンマーズにお任せください!

神子元島とは

神子元

伊豆半島の南東沖合10kmに浮かぶ岩礁だけの小さな無人島「神子元島(みこもとじま)」は、完全な外洋に位置するため、黒潮の影響を大きく受けます。黒潮が接近すれば、透明度は30mを超え、水温は一気に高くなり、そして時に強く流れます。この強い流れが、なんとも言えないエキサイティングなダイビングを可能としてくれるのです。

神子元島は他のどんなダイビングエリアとも違った、独特の雰囲気を持っています。圧倒的に濃い魚影、大物出現率の高さ。ダイナミックな地形。そして時に強く流れる潮。どれをとっても、他のダイビングエリアには無い要素ばかりです。それらが渾然一体となって、神子元ならではの独特の雰囲気を醸し出しています。

またダイナミックな地形も、外洋に位置する神子元ならではでしょうか。その豪快な風景はダイバーの冒険心をくすぐります。ダイビングスタイルは完全なドリフト。潜降ロープも何もありません。自由潜降し、ビルのように巨大な根と根の間を泳ぎ、流されながら浮上します。もちろん、何もない中層を泳ぐ事もしばしば。ダイバー一人一人のスキルが問われる場所でもあります。

そしてもちろん、最大の目玉は毎年初夏から秋にかけて出現するハンマーヘッドシャークの群れでしょうか。世界的に見ても、これほどたくさんのハンマーが出現するポイントは珍しいと言えます。

このページの先頭へ戻る