ダイビングポイント

神子元島

神子元はいろいろな意味で、伊豆半島にある他のダイビングサイトとは違った存在です。
まず言えるのは、その立地条件。他のエリアが沿岸沿いにあるのに比べ、神子元島は外洋にぽつんと浮かぶ離れ小島です。 そのため潮辺りが強く、魚影濃く、大物の出現も多いです。有名なハンマーヘッドシャークやメジロザメを始め、マンタ、カジキ、マンボウなど、それこそえっと驚くような生き物に出会う可能性があります。

また魚1匹1匹の個体の大きさが、他のポイントに比べて明かに大きいこともその特徴です。とにかく何もかも桁外れな海、神子元をぜひ体験してみて下さい!

ダイビングマップ

神子元島 ダイビングマップ

カメ根
神子元でも最大の大物遭遇率を誇るビッグポイント。ハンマーヘッドを始め多くの大物達は、このカメ根エリアに出現する。地形もダイナミック。
三ッ根
水面に3つ仲良く並んで顔を出している岩は、水中で大きな一つの根となる。その根の周りをカンパチ、ワラサ、イサキ、タカベなどが圧倒的な群れを作って往来する。三ツ根の沖にはカド根と呼ばれる大きな隠れ根があり、ここも回遊魚などが群れる格好のダイビングポイントとなっている。
白根
水深は比較的浅く、穏やか。三ツ根方面からドリフトして白根で上がる、というパターンも良くある。ワラサなど回遊魚が多い。
ザブ根
その根頭をいつも波がザブザブと洗っているからその名が付いた。別名「水かぶり」とも。ここも大物遭遇率が高く、地形も複雑で面白い。
江の口
比較的穏やかなポイント。島のそばは比較的浅いが、少し沖に出るとすぐにぐんと深くなる。テングダイやイサキ、タカベなどは通年見る事が出来る。

このページの先頭へ戻る